最新情報

2017年12月11日更新

テーマは“消費者被害”LSC相談員研修会 開催

 11月30日(火)エル・おおさか南館10階101号室にて、LSC相談員研修会を開催しました。この研修は、「LSC相談員の知識向上、及び相談員間の相互交流を深める」ことを目的に、年1回開催しています。今回は、関係団体との連携を図る観点から、大阪労福協三役・連合大阪・事業団体・大阪社会保険労務士会からも参加いただきました。

 研修のテーマは「消費者被害」。大阪府警、及び大阪弁護士会より「消費者被害」についての実態や、被害防止に向けた取り組みについて講義を受けました。

 大阪府警からは、「オレオレ詐欺」ではほとんど被害がなかった大阪が、「還付金詐欺」になると急に被害が増加してきた実態が発生し、対応に追われたこと等が報告されました。また、大阪弁護士会からは、地域で消費者被害防止に向けた取り組みを行っておられる国府泰道弁護士より、「消費者被害防止のための方策や今後の取り組み課題」について、訪問勧誘・電話勧誘と高齢者の消費者トラブルの現状や、電話勧誘対策、訪問販売対策等について、実際に取り組みされている事案について、わかりやすく説明いただきました。

 傾向から、訪問販売・購入、電話勧誘販売、送り付け商法について、高齢者の被害が多数を占めており、その対策や防止に向けた取り組みについて報告され、この被害が如何に身近で起こっているのか実感することができました。

 研修会終了後は懇親会を開催し、普段なかなか顔を合わせることができない方との交流を楽しんでいただきました。

研修会の様子