本文へ移動
豊かな暮らしを保障する社会をめざして
勤労者とその家族の生活の向上と安定、豊かな暮らしを保証する社会をつくることを目的に、自主福祉事業団体や労働団体と協力・提携し、各種事業を進めています。
               セミナー受講生募集中!!
READ MORE
田中会長 新年のあいさつ
2021-01-01
「with/after」コロナの社会、「連帯社会」への歩みをさらに強め
(一社)大阪労働者福祉協議会 会長 田中宏和
 新年、明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
大阪労福協の取り組みに、昨年も多くの皆さんにご支援いただきましたことに、心から感謝申し上げます。
昨年初からの新型コロナウイルス感染症の拡大により、日本社会は深刻な打撃を受けております。特にその影響は社会的弱者を直撃し、格差や貧困のさらなる拡大を引き起こすなど、社会システムに内在していたひずみや矛盾が浮き彫りとなり、その脆弱性が露呈することとなりました。
 大阪労福協では、「連帯・共同でつくる安心・共生の福祉社会」とする労福協の理念と目指すべき社会像を基調とする事業方針の下、コロナ対策においても、生活困窮者支援、緊急自治体要請、奨学金相談会などに取り組んでまいりました。また、中央労福協におきましては、「ろうふくエール基金」を創設し、生活困窮者自立支援事業の相談員の応援や、緊急生活支援のための助成をスタートさせています。
 「with/after」コロナの社会では、あらゆる面でパラダイムチェンジが求められますが、「変えてはいけないもの」、「変えなければいけないもの」を見極めながら、「労福協2030年ビジョン」も視野に、「連帯社会」の実現に向けた歩みをさらに進めていかなければなりません。今年も、労働団体、福祉事業団体をはじめ会員組織との連携を更に強化し、目指すべき社会像の実現に向けた取り組みに力を尽くしてまいります。
 2021年におきましても、大阪労福協の取り組みへの絶大なご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 
2021年元旦
(一社)大阪労働者福祉協議会
会 長  田中 宏和
TOPへ戻る